ブランクを克服して仕事復帰する!

>

家事と仕事を両立させるための準備とは

家族の理解と協力を取り付けよう

仕事復帰が家庭の事情ならまだ理解と協力は得られるのでしょうが、自分自身によるものであれば、仕事復帰についての理解・協力は不可欠になります。
まずは旦那さんですよね。妻が外で仕事することを嫌がる男性もいますから、旦那さんがそのタイプとすれば注意が必要です。黙って就活始めるのは論外ですので、事前に理解と協力を取り付けましょう。
理解を得られなければ協力もままなりません。子育て含めた家事の分担は、主婦が仕事をする上で必要不可欠です。就活を始める前にあらかじめ決めごとを作っておく必要があるでしょう。
あと、自分や旦那さんの親にも事前に話をしておいた方が良いと思います。話を通しておかないと、後々面倒くさい事になりかねません。そうならないためにも、早い段階で話はしておくことをおすすめします。

子育ての準備について

日中は家を空けるので、お子さんの処遇についても準備が必要になってきます。
2世代同居ならば、日中の面倒見について協力してもらうことも可能です。一番安心できるパターンですよね。
そうでなければ、保育園入園が必要になってくると思います。お母さんにとって他人に子供を託すというのはいろんな意味で勇気のいることです。子供にとってもお母さんと離れて他人と生活するのは、かなりの大事。保育園が決まったとしても、すんなり事は運ばないのが常ですので、慣らし保育の期間も計算に入れて準備しておかなければなりません。
子供を保育園に預ける準備として、予防接種は済ませておくと良いと思います。予防接種は任意含めると30回ぐらいになるので、入園後や仕事復帰後になると、都合がつかなくなってくることもあります。できるときに準備しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る